音楽は若者たちの心と生活にパワフルな影響をもたらします。新しい社会貢献プログラムSonos Soundwavesは、音楽教育が最も必要とされる時期にそれを支援する目的で設立されました。

 

2016年、ゲイリー*はアトランタのレコーディングスタジオで音楽制作をスタートしたところでした。都会で育つ中で直面するチャレンジを、高校生ながらも大人の感覚で表す音楽を作りました。そして、その翌年に何かが変わったのです。ゲイリーの歌詞がより洗練されたものになり、表現も豊かになりました。楽観的なものになったとも言えるでしょう。オンラインに投稿した彼の曲の再生回数は100回から5,000回までに増えました。そして音楽のクオリティが上がるとともに、学校の成績も上がっていったのです。

ゲイリーの経験では、彼の才能と努力だけでなく、音楽教育が人生を変えたことが示されています。毎日、音楽によって教育の格差がなくなり、若者の学力を向上させる役にも立っています。さらに、まわりの人と協力して何か意義あることを行うという社会的な利点ももたらされます。

「音楽制作が脳に良い影響を与えるということは数多くの研究で証明されています」とアムステルダム自由大学で臨床神経心理学を研究するエリック・シャーダー教授は、オランダの非営利プログラム「Leerorkest」のプロフィールで述べています。「また、音楽制作は、脳の中で聴覚、視覚、運動機能、感情といった多くの部位を刺激します。」

「音楽を演奏すると、聴覚、視覚、運動機能、および感情の音楽家の脳の多くの領域にインパルスが生じます。」

科学で証明されたこのような音楽の魔法は、ゲイリーがレコーディングスタジオに足を踏み入れるたびに顕著になりました。ただし、このスタジオはよくあるプロ用スタジオではありませんでした。ゲイリーのような志のある若いアーティストを支援し、自己表現に必要なクリエイティブなツールを提供する「Notes for Notes」という非営利団体によって設立されたものでした。

Notes for Notesは、Sonos Soundwavesの提携団体の一つです。このプログラムは音楽教育の力で若者の人生を変えようという新しい取り組みです。Sonosは、Sonos Soundwavesを通じて音楽教育に力を入れる非営利団体と提携し、クリエイティブな思考、学業成績の向上、社会的スキルの育成、そして将来の成功に備える機会を子どもたちに提供する手助けを行っています。これには助成金、製品の寄付、社員によるボランティアが含まれ、世界中の子どもたちに質の高い音楽教育を合計10万時間提供することを最終的な目標としています。

昨年は世界中の非営利団体の声を聞き、Sonosがどのように最も意義のある社会的影響を与えることができるかについて調査しました。また、Sonosの原動力である社員たちの意見も聞きました。その結果は圧倒的なもので、Sonosは音楽教育を支援すべき、というものでした。

Sonos Soundwavesの共同設立パートナーは優れた成功の実績を持ち、コミュニティに深く根差した音楽教育に独自の視点をもたらしています。提携団体には、Notes for NotesZumixLeerorkestUnited Bordersがあります。その他の団体との提携も近く発表される予定です。これらの各団体は、あまり支援を受けていないコミュニティの女性、少女、移民などの団体と協力して活動しています。Sonosはこれらの団体の活動を支援し、さらに多くの団体と提携することを目指しています。

ゲイリーは現在、学校が終わった後はスタジオに駆け込み、休むことなくレコーディングに励んでいます。週末にもノートパソコンで音楽を制作し続けており、彼の活躍は今後も期待されます。

 

*このストーリーに使用されているアーティストの名前は仮名です。

その他の言語: en-au da de es fr it nl no sv en-gb en