ハロウィンの季節がやってきました。ここでは、MoveなどのSonosシステムを使用して、ハロウィンパーティーを盛り上げるいくつかの方法をご紹介します。

絡みつくクモの巣。誰かに見られているような気配。勝手に揺れるロッキングチェア。目に見えない存在をもっと怖く感じさせ、ゾッとするような雰囲気を作り出すには、サウンドが欠かせない要素となります。しかし、オーバーな表現がむしろ喜ばれるハロウィンシーズンには、使い回しのプレイリストでは物足りないでしょう。

予想外な場所で効果音を流す

新築の家に住んでいたとしても、ハロウィンの日には今にも家が壊れそうなサウンドが必要となります。キーキーきしむドア。家具が揺れる音。家中の窓が砕け散ったかのように吹き去る突風の音。このような不気味なサウンドは、テレビの周りやリビングなど、スピーカーがよく置いてあるような場所から聞こえてくると予想されがちです。そこで、恐怖度をアップするために、ゲストが思いもしないような場所にスピーカーを置いてみましょう。シャワーカーテンの後ろにSonos One SLを隠したり、ロフトにPlay:5を置いたり、お庭のどこかにMoveを隠したり。血も凍るような叫び声がリビングから聞こえてきたら怖さ満点。でも、その叫び声がクローゼットから聞こえてきたとしたら?

そんなゾッとするようなサウンドのSpotifyプレイリストをSonosが作成しました。こちらでチェック。(SonosでSpotifyを無料で聴くことができるようになりました。Spotifyのプレミアムプランに加入していない方でもご利用いただけます。)

映画からインスピレーションを得る

家中の部屋でホラー映画のサウンドトラックを流して雰囲気を盛り上げましょう。バスルームには、アルフレッド・ヒッチコックの映画『サイコ』の有名なシャワーシーンに使われたバーナード・ハーマンの「The Murder」を。キッチンでは、映画『羊たちの沈黙』の「ゴルトベルク変奏曲」を再生し、映画の名セリフと同じようにソラマメとキャンティ・ワインを用意。そして廊下では、誰かが通るたびに映画『シャイニング』のサウンドを流しましょう。

今すぐその準備ができるよう、人気ホラー映画のサウンドトラックよりプレイリストを作成しました。

怖い話を聞かせる

物語として伝えられてきたホラーの名作もこの季節にぴったりです。『吸血鬼ドラキュラ』、『ジキル博士とハイド氏』、『スリーピー・ホローの伝説』など古典的な小説は想像力を掻き立てます。恐怖で人を眠れなくさせるような有名な物語を再生する部屋を用意しましょう。

このSpotifyプレイリストには、エドガー・アラン・ポーの『大鴉』から、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』まであらゆる名作が含まれています。

恐怖を忘れてリラックス

ハロウィンの恐ろしい雰囲気を楽しんだ後は、みんなそろって(できれば)月光の下でくつろぐ時間をとりましょう。Moveを持って外に出て、バウハウス、シスターズ・オブ・マーシー、ザ・キュアーなど、Sonosお気に入りの80~90年代のゴシック・ロックのプレイリストでドラマチックに夜を締めくくります。

ゴシック・ロックを楽しむプレイリストはこちら。

自宅をお化け屋敷のように飾り付けてハロウィンの準備をしている方も、トリック・オア・トリートをする子どもたちの気分を盛り上げたい方も、Sonosシステムでホラーサウンドのプレイリストをかければ、ハロウィンの夜をもっと本格的に楽しめるでしょう。

その他の言語: en-ca fr-ca da de es fr it es-mx nl no sv en-gb en