MAISON KITSUNÉは2002年、フランス人のジルダ・ロアエックと日本人の黒木理也によって設立されたフランス パリ発のライフスタイルブランド。モダンでありながらもタイムレスなスタイルを提案し続けている 「MAISON KITSUNÉ」を始め、世界中の最先端な楽曲を、様々なプラットフォームで送り出しているミュージックレーベル 「KITSUNÉ MUSIQUE」や、コスモポリタンな空間で、普遍的な美味しさを提供するカフェ 「CAFE KITSUNÉ」など、多種多様なカルチャーを発信している。

今年6月8日には、大阪南堀江に関西初の路面店となるMAISON KITSUNÉ OSAKAを
オープン。その斬新な空間には、サンタバーバラに拠点を置く音響ブランド「SONOS
(ソノス)」のスピーカーシステムを導入したという。音楽に対して並々ならぬこだわりを
持つKITSUNÉが、昨年日本に上陸したばかりである新進気鋭のブランドを抜擢したの
には、一体どのような理由があったのだろうか。

「音楽の価値を日本に取り戻したい」と語る黒木に、その波乱万丈な半生や音楽への
思いを聞いた。

――東京生まれの黒木さんは、12歳の頃にフランスへ渡ったそうですね。

黒木理也:絵描きの母親が、パリへ移住をするのに付いて行く形で渡仏しました。パ
リの19区という、移民用の団地が立ち並ぶ郊外に近いゾーンで暮らしていました。住
んでいた団地や近隣にはアフリカ系、アラブ系、ユダヤ系……アジア系は中国人とベ
トナム人が多かったかな。もちろん、差別も色々受けましたし、あまりハッピーではな
い「ダークな思春期」を過ごしましたね(笑)。

そんな中で、自分を助けてくれたのが音楽でした。15歳くらいになるとレコード屋に入
り浸り、ジャズ、ソウル、ファンク、ヒップホップ、R&B……と、主にアメリカの音楽を好
んで聴いていました。音楽がなかったら今はないと思っています。

――ニューヨークでも、5年くらい暮らしていたことがあるとか。

黒木:18歳のときに憧れていたニューヨークへ旅立ちました。メッセンジャーやレストラ
ンの厨房など、いろんな仕事を転々としていましたね。ほとんどが日雇いで、その日も
らったお金を握りしめてレコード屋に通う毎日。ひたすらニューヨークのストリート・カル
チャーを満喫していました。当時はスケーターで、周りには才能あふれる仲間が多く、
それぞれが夢を形にしている人たちで、「人生の答えは全てストリートにある」と信じて
いましたね。

そのうち自分は建築に興味を持ち始め、それらのオリジナルのあるパリに戻り建築士
の資格を7年かけて取得し、建築事務所で働き始めました。ただ、給料は安いし毎日
深夜まで残業で、それでも家賃が払えないから古着屋でもバイトしていたんですよ。
そういう生活を2年くらいして、「これじゃないな」と思って当時ダフト・パンクのマネージ
ャーをしていたジルダ(・ロアエック)と、「何か一緒に面白いことやろうか」という話にな
って。「ライフスタイル」をコンセプトに立ち上げたのが「KITSUNÉ」だったんです。

――「ライフスタイル」をコンセプトにするとは?

黒木:「自分たちの好きなものをシェアしたい」という非常にナイーブな発想ですね。例
えば「音楽」は、僕とジルダにとって欠かせないファクターです。しかも、服も好きだしコ
ーヒーも好き。だったらその「好き」をカタチにしようと。もちろん最初は投資家もいない
し、銀行はお金なんて貸してくれない。「KITSUNÉはライフスタイルのブランドです」な
んて17年前に言っても通じないんですよね。「どういうこと? ファッションなの音楽な
の? どんなことやってるの?」と訝しげに見られるだけでした(笑)。アイデアはある
けどビジネスプランはない。そんな状態でしたが、DJをしながら世界中を旅して、訪れ
た先々でKITSUNÉの話をして。そのうち興味を持ってくれる人が徐々に増えてきたん
です。僕たちはゼロから会社を立ち上げ、作りながら様々なことを学んでオーガニック
に育ったブランドなんです。

――2016年には、ストライプインターナショナルとの資本提携を果たしました。

黒木:ビジネスパートナーが出来たのは初めてのことです。昨年は新クリエイティブデ
ィレクターに、セリーヌ出身のユニ・アンを起用しました。デザイナーの外部起用も初
の試みです。日本に戻ってくることになり、やっとアジアも回れるようになってきました
。今は中国にも会社を設立したし、韓国にはいいパートナーがいて順調に展開してい
ます。日本では大阪堀江に路面店がオープンし、来年は京都にも路面店を、渋谷に
は新しいカフェを出す予定です。年内には、CAFE KITSUNÉのコーヒー豆を焙煎する
ロースターを、岡山で立ち上げることにもなっています。自分たちの環境や、人間とし
ての成長に合わせて事業を進化させていく。そういう意味でも「オーガニックな会社」
なんです。

――KITSUNÉは音楽レーベルも運営しています。ミュージシャンからデモが送られてくることなどもありますか?

黒木:ありますよ。今の子の方が積極的かもしれない。みんな自分のSNSを持ってい
るので、音源を載せているページのURLをメールで送ってきます。なるべく聴くようにし
ていますし、「これは」と思ったらすぐ会いに行きます。彼らがどこでどんな生活をして
いるのか、どんな価値観を持っているのかを見極めるためにも。そして、このバンドは
しっかり投資すべきだと思えば、我々のレコーディングスタジオに招くこともありますね。

うちと契約してからメジャーに飛び立っていったバンドはいくつもあります。Two Door
Cinema ClubやYears & Yearsもそうですし、最近だとParcelsもブレイクまで時間の問
題だと思いますね。ただ、日本人のアーティストとはまだあまりサインしたことがない
んですよ。実は、カタログの第一号はテイ・トウワさんの「FUNKIN’ FOR JAMAICA」(ト
ム・ブラウンのカヴァー)なんですけどね。それ以降はない。韓国人、中国人のアーテ
ィストは結構いるんですけどね。なかなか日本人アーティストにはまだ出会えなくて。

――さて、今年の6月に大阪堀江でオープンした新しい路面店には、SONOSのスピーカーを導入しているそうですね。

黒木:2年前のパリのショールームで提供してもらった時に、すごくいい音だったんで
す。それで興味を持って調べてみたところ、弊社と同じ2002年設立の会社だってこと
がわかって。ユーザーのライフスタイルを大切にした商品づくりや、ビジネスプランニ
ングにもシンパシーを感じたので、今後KITSUNÉが展開していくショップやカフェなど
で、何かご一緒出来ないかをご相談させていただいたところ、とても喜んでいただき、
まずは大阪店で展開する運びとなりました。

僕は音について専門的なことは分かりませんが、SONOSの出す音って、横に広がっ
て包まれるような、暖かさや優しさを感じるんです。最近のスピーカーは、アグレッシ
ヴなサウンドや、オールドトラディショナルなサウンドが多い印象なのですが、SONOS
はそのいずれとも違う。聴いていてとても落ち着きます。

――大阪店での反応はいかがですか?

黒木:とてもいいです。お店の中の、どこに立っていても音量も音質も変わらず、音に
広がりがあるというか。一方通行のスピーカーは多いですが、SONOSのスピーカーは
広い地平線を思わせるサウンドなんです。もちろん、デザインも今っぽくて好きです。
存在感はあるけど、環境にブレンドしやすいシンプルさもあって、お店の雰囲気にす
ごくマッチしています。

――MAISON KITSUNÉ OSAKAは、川沿いにあるガラス張りのアーバンな外観が特徴ですよね。

黒木:若いお客様たちが、店内に入ると「クラブにいるみたい」と喜んでくださるような、
そんな斬新な空間なんです(笑)。「内装」にこだわったというよりは、その建物の中に
流れる「空気」を意識しデザインを仕上げました。お店の中に入った瞬間の驚きを、目
だけでなく耳でも感じて欲しいという思いがあるので、そこに流れる音楽はとても重要
なんです。何より、僕らのレーベルのアーティストの音を流した時にかっこいいのが嬉
しいですよね(笑)。

――レーベルを運営されているだけあって、お店のBGMにも並々ならぬこだわりを感じます。

黒木:KITSUNÉではもちろんカフェとショップ、それぞれのプレイリストを用意していて
、それらを2週間ごとにアップデートしています。とても好評で、お店でShazamされてい
るお客様をよく見かけますね。また、KITSUNÉには様々なプラットフォームでオフィシャ
ルのアカウント(KITSUNÉ MUSIQUE)があって、常にストリーミングで音楽を流してい
ます。

――BGMが、そんなに頻繁にアップデートされているお店もなかなかないと思います。

黒木:5年間ずっと同じ有線チャンネルを付けっぱなし、なんてお店がほとんどですよ
ね(笑)。そういうところから変えていきたいという気持ちはありますし、そうしたこだわ
りに応えてくれたのがSONOSのスピーカーなのかもしれません。

――黒木さんご自身にとっては、音楽とはどのような存在でしょうか。

黒木:家でも朝から晩まで音楽が流れています。海外のラジオ局をはじめ、最近気に
なるDJが出演している番組などいくつかあって、それらを常に流していますね。過去
のカタログから最新の音楽まで、とにかく何でも聴く。よく取材などで「好きな曲リスト
をください」と言われるのですが、毎月のように入れ替わります(笑)。その時の自分の
気分によってもそうだし、生活スタイルの変化によっても聴く音楽は変わってきますか
ら。もちろん、永遠に好きな日本人アーティストもいますよ。例えば山下達郎さんや竹
内まりやさん、坂本龍一さん、小田和正さん……。尾崎豊さんも子供の頃からずっと
憧れですね。

私自身、音楽がないと生きていけない人間ですから、音楽がどれほど生活の中で大
切な存在なのかを、日本人に思い出して欲しいという気持ちは、常に持っています。
日本には「音を楽しむ」と書いて「音楽」という、とても素晴らしい言葉があるのに、音
楽に対して価値を見出すということを忘れてしまっている気がします。それは海外で
長く暮らし、日本へ戻ってきたことでより強く感じますね。

Text:黒田隆憲 Photo: Masanori Naruse

Playlist by Masaya Kuroki

Billboard Japan掲載記事